28.東工大横浜ベンチャープラザ

施設名:    東工大横浜ベンチャープラザ


所在地:    神奈川県横浜市緑区長津田町4259-3

  

アピールポイント: 
 東工大横浜ベンチャープラザは、独立行政法人中小企業基盤整備機構が神奈川県および横浜市から要請を受け東京工業大学と連携して、同校すずかけ台キャンパス内に整備・運営を行っている大学連携型起業家育成施設(インキュベーション施設)です。
 大学が有する技術シーズ、知見を活用した大学発ベンチャーの事業化及び、中小企業の新事業展開を支援することにより、新事業・新産業の創出を促進するとともに地域社会へ貢献します。

施設の概要

  • 居室:全26室 実験室タイプ 25~156m2
  • 共用施設:会議室、応接室、商談室
  • 賃料単価:3,750円/m2・月【横浜市による賃料補助制度あり】
  • その他:駐車場19台分、少量危険物取扱倉庫4棟、24時間365日入退館が可能
  • 構造規模:鉄骨造 地上4階建
  • 賃貸面積:1,830m2

ソフト支援

 3名のインキュベーション・マネージャーとIDECコーディネーターが皆様の事業計画達成をお手伝いします。入居後の一般的な経営相談のほか、最近は創業計画時から相談を開始し、入居いただく例も増えてきています。技術開発に自信はあるが、経営面に不安があるのであれば、ソフト支援を活用して経営面を早期に補強し、技術と経営の両輪を力強く回していくことが可能となります。
 中小機構は全国32のBIを運営しており、入居企業総数は500社を超えます。この入居企業ネットワークが、連携やマッチングという形で成果を出しています。

入居企業とその特徴

 現在の入居企業は製造業が半数以上を占め、東工大発ベンチャー企業も入居しています。連携大学は東工大が一番多いですが、東北大、東京理科大、横浜国大など多様です。創業・ベンチャー企業だけでなく、新事業展開を大学との連携で目指す(第2創業)企業も入居しています。

立地状況

 東急田園都市線すずかけ台駅より徒歩7分。急行を利用すれば渋谷からも33分と都心からのアクセスも良好です。緑の多いすずかけ台キャンパス内の施設のため、周辺環境は非常に良く、研究開発に専念できます。

お問い合わせ先

  東工大横浜ベンチャープラザIM室 

  穐本(あきもと)、古賀(こが)まで、お気軽にご連絡ください。
  TEL:045-989-2205    FAX:045-989-2206
    e-mail  information@kanto-bi.smrj.go.jp

 

URL:         http://www.smrj.go.jp/incubation/yvp/