23.神奈川産業振興センターインキュベートルーム

施設名:    公益財団法人神奈川産業振興センター


所在地:    横浜市中区尾上町5-80

  

アピールポイント: 
 神奈川産業振興センター(KIP)では、新規創業を志す方や新たな事業分野に挑戦している中小企業者を応援するため、神奈川中小企業センタービル内に、それぞれの事業段階に応じ、3つの異なるオフイスを備えております。ここでは、経験豊富なインキュベーションマネージャー(IM)やKIP職員が経営上の課題解決のアドバイスなどを行い、皆さまの事業を形あるものにしていきます。自ら創業し、新しい事業展開をお考えの方の相談を受け、一緒に創業する環境を整備しています。

施設の概要

 中小企業センタービル内のオフイスで、次の3種があります。

  1. ドリカムスペース(事業可能性・事業手法の検討段階にある方向け):定員4名、使用期間3ケ月、無料
  2. シェアードオフイス(ビジネスプランの確立段階あるいは創業・事業化直前の方向け):定員7名(1ルームを7名でシェア)、使用期間1年、月額2万円(税抜)
  3. インキュベートルーム(事業化直後または事業の確立・拡大に取り組んでいる方向け):事業用オフイス13室、使用期間3年、使用料は70,400~80,300円/月(税抜)
  4. 共用スペースは打合せスペース、ラウンジ。インターネット接続、複写機、ロッカー等の使用が可能。

ソフト支援

 いずれのオフイス入居者に対しても、インキュベーション・マネージャーやKIP職員がハンズオン支援をします。
     個人営業者、社会起業家から株式公開を目指すハイテクベンチャーまで幅広い入居者を募集しております。また、公益財団法人神奈川産業振興センターが保有している各種相談サービスを利用できます(事業により利用条件有り)。

入居企業とその特徴

 インキュベートルーム、シェアードオフイスそれぞれに常時入居中。創業前の個人の方から創業間もない方など、幅広い層の方々にご入居いただいています。

立地状況

 神奈川県庁、横浜市庁舎に近い市街化地域にあり、JR及び支営地下鉄「関内駅」に近いビルです。ビル内には地域で活躍している中小企業や公共団体等が多く入居しており、連携のチャンスがあります。近隣には横浜メディア・ビジネスセンター、関内ホール、横浜スタジアム等があります。また、ビル内には郵便局も入っています。

お問い合わせ先

  事業部経営支援課
      TEL:045-633-5203  FAX:045-633-5194
  e-mail management@kipc.or.jp

 

URL:     http://www.kipc.or.jp/incubate_room/

【アクセス】

地下鉄関内駅7番出口より徒歩2分

JR関内駅北口より徒歩5分

JR桜木町駅より徒歩7分

みなとみらい線馬車道駅3番出口より徒歩7分